arinada

記事一覧(11)

ありなだ&ハナコ について幾つか

ありなだ&ハナコはギター2本とパーカッションによるアンサンブルに歌がのってくるアコースティック・ユニットです。ライヴを聴いておられる方には既知のことであり、今回の盤を聴いて頂ければ5秒でお判り頂けることではありますが。しかし、果たしてありなだ&ハナコはアコースティックであることにアイデンティティーがあるかと改めて考えさせられるユニットでもあるのです。ソング・ライティングのなだのきさんとは旧知の間ですが、彼の音楽流儀・作法を培ってきた土壌はエレクトロニック(今時のエレクトロニカではありません)のバンドを中心としたものであり、その中にドノヴァンやボブ・ディランがある比率で混ざります。また前者のバンド群の中にはアコースティック・ギターをアンサンブルに取り入れるものも少なくありませんでした。どちらかといううとこの辺の雰囲気がありなだ&ハナコから僕が感じられるのです。ジャズやラテンのテイストも随所にあるのですが、もろにボサとかまるっきりジプシー・スウィングなどといううことはなく、あくまでありなだ&ハナコ流儀の中で「なんかちょっとラティーナの文法入ってるよね」くらいな感じです。このオリジナリティーは日本人としてウソがない感じがしてとても良いと思います。ギターの弦がスティールではなくパーカッションがコンガではないのもジャンル・カテゴライズ的なステレオタイプから逸らすのに一役になっているのかもしれません。パーカッションのハナコさん(コントユニットではありません)の多岐にわたるセッション・ワークにより磨かれたドラミングはジャンベの低音とともにアンサンブルのグルーヴとボトムを支えています。ギターのありたさんはなだのきさんとの幻の変態バンド自爆回路のメンバー。「そうそう、そうきてよ」なオブリガードや「そうなっちゃたのね」なソロ・ワークで和みとオリジナリティを添えています。個人的な見解としては、雨振りの休日にハナレグミだと明るすぎ、ハッピーエンドだとレイドバックしすぎ、「あ、ありなだ&ハナコがちょうど良いね」です。皆様にとってのちょっとしたお気に入りの一枚になりましたら、製作に関わった者として本望です。                                             2018年10月7日「スケッチ」エンジニア・プロデューサー、他    寺田 宏

ジャケットとかも、いるわけよ!!! のコーナー その8

お疲れ様です。ジャケット表側前のイメージと、CDレーベル面のイメージは 大体こんなかんじー と。で、ジャケット外側の後ろ と、中は、、、などと 考えていましたら  「アルバムタイトル、 欲しいかー?」と ふと思いまして、、タイトルについては なくていいんでないかーとか、ありなだ&ハナコ  ていうのだけで よいのでは!(結局バンド名は ありなだ&ハナコが らしいんではないか、、と言う線に 落ち着く話になってきた頃で、、、)という話もありつつジャケット、レーベル面等と共にもうひとつ 「想像する楽しみへの キッカケ」に なるようなーなんか、  もうひと角度の視点、 としての タイトル があらばーと  思っていました。故に、大募集!   三人だけだけど。 。 。○以下、アルバムタイトル案、「晴天なり」「晴天にゃ」「裸足と空」「はだしとそら」「裸足でいこう」「晴天の裸足」「裸足スケッチ」「いつもと反対側のホームから」「給水塔」「スケッチ」 。 。 。        (笑)あとから見るとなんか 案外 回り込んでる てか 片寄ってるな。(^-^ゞ、この ねこジャケで  「 明日も晴天にゃ~」てーのも いいのでは!と 今思った   が  良くはないな (^-^;で、   シンプルに     「スケッチ」  に    決定!!!シンプルに 瞬間の気持ち、風景、閃き を スケッチ! と。で、どう 表側前の ねこジャケ に おとしこむかー!と言うわけで、、、ここまで来て 若干 煮詰まり&疲れ気味の私は、ハナコ女史!?に サンプル案なげましたーーで、  一番上⬆のやつが ハナコによる 「スケッチ」案。

ジャケットとかも、いるわけよ!!!その2

で、どーーーー すっかなー と 。 。 。漠然と。仕事帰り。こういう事を 落ち着いて挑める席が 三席ある某ド○ール を覗くと、、、  うまってま。なんで、角を折れてモ○バーガーへ。照明がちと暗めなんすが、なるだけ明るめ、テーブルの天板もなるだけ明るめー(微妙に違うんす)な席をとって    どーすっかなーーーー 。 。 。と。なんかこーーー「じゃけ 」とか思って 描こうとしないでーーーなんつーかーーー目の前にスケッチブックが あってーそこに こーー 今 描いてあるといいなーーーみたいな、、、とりあえずどうゆうの描こーーー  とか  考える前に、てか、 どんな事したい?  と 漠然と自分に訊いてみる   みたいなー  。で、一時間ほど アイスコーヒーとか ちゅー と しながら satolexって言う最近 気に入って購入したヘッドホンで 「クワイエットケニー」バイ ケニードーハム。「my ideal」 いいわー 。で、 描かない。> 描こうとしない。> 描けない。で、ライクーダーの「boomer's story」。いいわー 。一時間弱 。で、 描かない。< 描こうとしない。>   描けない。で、いい感じー になって今日は おわりー 。以後 ケニーランキン「シルバーモーニング」ソフトマシーン「ソフトマシーン」リッキーリージョーンズ「pop pop」くるり「さよならストレンジャー」ギルスコットヘロン「pieces of a man」TheBand「TheBand」等、三日連続 ただただ 好きなの聴いて思い付きの 音沙汰なし 。そんな感じでず。大体 いつも 。逃避 ですな。で、四日目の金曜日の帰り駅前通りの舗道に並ぶ 自転車たちをみて自転車って なんか 不思議な乗り物だなー 今や 。なんか 構造がデザインを醸し出してて、なっちゃってる事と 成るべくしてなってる事のあんさんぶる  だなー などと 。で、これまた 当たり前の「自転車にのって」 だから 自転車でも 描いてみるかなーって 実に当たり前みたいな 気持ちになりまして 、こんなの 撮って帰りましたとさ 。↓つづく 。